RECOMMEND
雪崩リスクマネジメント―プロフェッショナルが伝える雪崩地形での実践的行動判断
雪崩リスクマネジメント―プロフェッショナルが伝える雪崩地形での実践的行動判断 (JUGEMレビュー »)
ブルース トレンパー, Bruce Tremper, 日本雪崩ネットワーク
 雪崩のリスクと向き合うスキーヤーにとって必要な情報の殆どを読むことができます。雪崩の基礎や仕組み、地形や気象、積雪状況などが与える影響。安定性や危険度の評価、雪崩地形でのルートどりやレスキューなど多岐に渡ります。
RECOMMEND
バックカントリー・ハンドブック (Vol.1)
バックカントリー・ハンドブック (Vol.1) (JUGEMレビュー »)

 日帰りバックカントリーを想定した用具選びから入山して無事帰ってくるまでの流れを分かりやすく解説しています。写真点数が多く、カラーページもあるので分かりやすい。
RECOMMEND
雪山に入る101のコツ―バックカントリー入門
雪山に入る101のコツ―バックカントリー入門 (JUGEMレビュー »)
中山 建生
 道具の選び方や使い方など、かなり基本的なことから入っている為に、それぞれの情報は浅いですが、雪山に入るための基礎的な注意事項は網羅されています。初心者が雪山をイメージするのに向いています。ここから疑問に思ったことやもっと掘り下げたいことを他の専門的な書籍で読むのがいいでしょう。
RECOMMEND
RECOMMEND
生と死の分岐点―山の遭難に学ぶ安全と危険
生と死の分岐点―山の遭難に学ぶ安全と危険 (JUGEMレビュー »)
ピット シューベルト, Pit Schubert, 黒沢 孝夫
RECOMMEND
リーダーは何をしていたか
リーダーは何をしていたか (JUGEMレビュー »)
本多 勝一
実際に起きた遭難事故を深く調査した著者の記録です。技術的なことは載っていませんが、山に入るということがどんなことかを、遭難者・生存者・残された家族の立場から考えることができます。
RECOMMEND
RECOMMEND
ドキュメント雪崩遭難
ドキュメント雪崩遭難 (JUGEMレビュー »)
阿部 幹雄
実際の雪崩事故を解析し、なぜ遭遇してしまったのか、なぜ助かったのか、なぜ犠牲になってしまったのかを考えることができます。技術書だけでは補えない部分を読ませてくれる一冊です。
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

雪山での雪崩・遭難事故のまとめ

バックカントリーブームで冬の入山者も増え、雪崩や遭難などの山岳事故、死者も増えています。
バックカントリーに入る前に雪山でのリスクを知り、参考にする為にネットでの雪崩や遭難に関する報道記事をまとめていきたいと思います。
<< 東京の登山者、黒部峡谷で行方不明 | main | <白馬岳土砂崩落>男女の2遺体発見 県警など救助隊 >>
絶えぬ富士山スキー事故 県警「プロでも危険 自粛を」
0
     富士山でスキーやスノーボードをする人の事故が後を絶たない。県警の調べでは、少なくとも4年連続で事故が起きており、スバルラインが全線開通する4月から、雪が解ける6月ごろまでの期間に集中している。富士山でのスキー事故は、重傷を負うケースが多く、救助も困難を極めるといい、県警では自粛するよう呼びかけている。

     県警地域課によると、スキーヤーとスノーボーダーが転倒したり滑落したりする事故は、少なくとも2005年から毎年1件は必ず発生している。足を負傷する事故が目立つが、05年4月には、8合目付近のアイスバーンで横浜市内の男性が転倒して死亡している。

     事故は今年も既に発生しており、4月27日には9合目付近でスキーをしていた札幌市の看護師の女性(50)が転倒して足の骨を折った。事故を未然に防ごうと、富士吉田署員や山岳会のメンバーは、ゴールデンウイーク期間中に5合目やスバルラインの料金所で登山者の装備をチェックしたり、登山計画書の提出の有無を確かめるなどした。しかし、連休最終日の5月6日には、8合目でスキーをした京都府の会社役員の男性(35)が約200メートル滑落して足の骨を折る事故が、再び起きた。

     同署などによると、富士山は現在、5合目でも1メートルの積雪がある。8合目以上はアイスバーンで滑りやすく、スピードを落とすのに必要な起伏が少ない。転倒すると長い距離を滑り落ちるため、生死にかかわる事故になる可能性が高い。また風が強く天候が変わりやすいため、ヘリが出動しづらく、救助が難しくなるという。6日の事故も、救助まで丸1日かかった。

     地元山岳会によると、富士山でのスキーは、プロスキーヤーの三浦雄一郎さんが直滑降に挑んだ1960年代に有名になった。ここ数年、スキーヤーは再び増加傾向にあるという。同署は「プロでも危険なので、なるべく自粛してほしい」と呼びかけている。

    *読売新聞より*

    | 関連情報 | 12:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.yama-ski.com/trackback/1083006