RECOMMEND
雪崩リスクマネジメント―プロフェッショナルが伝える雪崩地形での実践的行動判断
雪崩リスクマネジメント―プロフェッショナルが伝える雪崩地形での実践的行動判断 (JUGEMレビュー »)
ブルース トレンパー, Bruce Tremper, 日本雪崩ネットワーク
 雪崩のリスクと向き合うスキーヤーにとって必要な情報の殆どを読むことができます。雪崩の基礎や仕組み、地形や気象、積雪状況などが与える影響。安定性や危険度の評価、雪崩地形でのルートどりやレスキューなど多岐に渡ります。
RECOMMEND
バックカントリー・ハンドブック (Vol.1)
バックカントリー・ハンドブック (Vol.1) (JUGEMレビュー »)

 日帰りバックカントリーを想定した用具選びから入山して無事帰ってくるまでの流れを分かりやすく解説しています。写真点数が多く、カラーページもあるので分かりやすい。
RECOMMEND
雪山に入る101のコツ―バックカントリー入門
雪山に入る101のコツ―バックカントリー入門 (JUGEMレビュー »)
中山 建生
 道具の選び方や使い方など、かなり基本的なことから入っている為に、それぞれの情報は浅いですが、雪山に入るための基礎的な注意事項は網羅されています。初心者が雪山をイメージするのに向いています。ここから疑問に思ったことやもっと掘り下げたいことを他の専門的な書籍で読むのがいいでしょう。
RECOMMEND
RECOMMEND
生と死の分岐点―山の遭難に学ぶ安全と危険
生と死の分岐点―山の遭難に学ぶ安全と危険 (JUGEMレビュー »)
ピット シューベルト, Pit Schubert, 黒沢 孝夫
RECOMMEND
リーダーは何をしていたか
リーダーは何をしていたか (JUGEMレビュー »)
本多 勝一
実際に起きた遭難事故を深く調査した著者の記録です。技術的なことは載っていませんが、山に入るということがどんなことかを、遭難者・生存者・残された家族の立場から考えることができます。
RECOMMEND
RECOMMEND
ドキュメント雪崩遭難
ドキュメント雪崩遭難 (JUGEMレビュー »)
阿部 幹雄
実際の雪崩事故を解析し、なぜ遭遇してしまったのか、なぜ助かったのか、なぜ犠牲になってしまったのかを考えることができます。技術書だけでは補えない部分を読ませてくれる一冊です。
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

雪山での雪崩・遭難事故のまとめ

バックカントリーブームで冬の入山者も増え、雪崩や遭難などの山岳事故、死者も増えています。
バックカントリーに入る前に雪山でのリスクを知り、参考にする為にネットでの雪崩や遭難に関する報道記事をまとめていきたいと思います。
<< 宝剣岳の写真撮影で不明 埼玉の男性の捜索始まる | main | 中央アルプスで遭難した男性のものと見られるテントなど発見 >>
長野のスキー遭難 9人全員無事下山 7人救助、2人は自力で
0
     長野県山ノ内町の志賀高原焼額山スキー場でスノーボードをしていて遭難した岐阜県安八町城、会社員安田さん(25)ら岐阜県の20代の男性6人と、長野県白馬村の白馬47スキー場で行方が分からなくなっていた神奈川県鎌倉市岩瀬、会社員杉山さん(24)は8日午前、いずれも長野県警に救助された。全員けがはなく元気だという。

     また、同県小谷村の北アルプス・白馬乗鞍岳の山の神尾根付近(約1400メートル)で山スキー中に遭難した神戸市須磨区の会社員原田さん(35)と妻(37)も同日午後、ふもとの栂池高原スキー場に自力で下山した。2人とも両手の指に軽い凍傷を負っているが、比較的元気だという。

     中野署によると、安田さんら6人は同日午前1時50分ごろ、スキー場のコースから約2・5キロ離れた標高約1000メートルの谷間の沢筋でビバークしているところを発見された。雪で作った壁の中で身を寄せて寒さをしのぎ、6個だけあったのどあめを分けて食べたという。

     大町署によると杉山さんは同日午前8時45分ごろ、コースを外れた林の中にいるのを県警ヘリに発見された。友人3人とスノーボードをしていて、コースを外れて戻れなくなった。雪に穴を掘り救助を待っていたという。原田さん夫妻はスキーや簡易テントなどを捨て徒歩で沢を下りた。

     ◇携帯GPS活用し居場所など連絡 岐阜の6人

     志賀高原のスキー場で遭難した岐阜県の6人グループは、衛星利用測位システム(GPS)など携帯電話の機能を活用して家族や警察と連絡を取り続け、ふだんスキー客が踏み入ることのない奥地で救助を待っていた。

     グループのうち同県安八町城の大学生戸谷文紀さん(20)らの話では、6人は昼食をとるため山頂付近から滑って戻る途中、吹雪で視界が悪くなってコースを外れた。持っていたパンフレットでコースに戻る道を探したが、さらに迷い込んだ。

     その後、携帯電話を使ってメールで家族に救助を求め、ホテルにも数回連絡。さらにGPSで自分たちの居場所を確認し、沢の位置や方角などを伝えたという。

     滑り始めたときは少し雪が降っている程度だったため「せっかく長野まで来たのだし(悪天候を予測しての計画変更は)考えていなかった。新雪がかえってパウダースノーになると思っていた」(戸谷さん)という。


    | コース外滑走 | 08:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.yama-ski.com/trackback/469295