RECOMMEND
雪崩リスクマネジメント―プロフェッショナルが伝える雪崩地形での実践的行動判断
雪崩リスクマネジメント―プロフェッショナルが伝える雪崩地形での実践的行動判断 (JUGEMレビュー »)
ブルース トレンパー, Bruce Tremper, 日本雪崩ネットワーク
 雪崩のリスクと向き合うスキーヤーにとって必要な情報の殆どを読むことができます。雪崩の基礎や仕組み、地形や気象、積雪状況などが与える影響。安定性や危険度の評価、雪崩地形でのルートどりやレスキューなど多岐に渡ります。
RECOMMEND
バックカントリー・ハンドブック (Vol.1)
バックカントリー・ハンドブック (Vol.1) (JUGEMレビュー »)

 日帰りバックカントリーを想定した用具選びから入山して無事帰ってくるまでの流れを分かりやすく解説しています。写真点数が多く、カラーページもあるので分かりやすい。
RECOMMEND
雪山に入る101のコツ―バックカントリー入門
雪山に入る101のコツ―バックカントリー入門 (JUGEMレビュー »)
中山 建生
 道具の選び方や使い方など、かなり基本的なことから入っている為に、それぞれの情報は浅いですが、雪山に入るための基礎的な注意事項は網羅されています。初心者が雪山をイメージするのに向いています。ここから疑問に思ったことやもっと掘り下げたいことを他の専門的な書籍で読むのがいいでしょう。
RECOMMEND
RECOMMEND
生と死の分岐点―山の遭難に学ぶ安全と危険
生と死の分岐点―山の遭難に学ぶ安全と危険 (JUGEMレビュー »)
ピット シューベルト, Pit Schubert, 黒沢 孝夫
RECOMMEND
リーダーは何をしていたか
リーダーは何をしていたか (JUGEMレビュー »)
本多 勝一
実際に起きた遭難事故を深く調査した著者の記録です。技術的なことは載っていませんが、山に入るということがどんなことかを、遭難者・生存者・残された家族の立場から考えることができます。
RECOMMEND
RECOMMEND
ドキュメント雪崩遭難
ドキュメント雪崩遭難 (JUGEMレビュー »)
阿部 幹雄
実際の雪崩事故を解析し、なぜ遭遇してしまったのか、なぜ助かったのか、なぜ犠牲になってしまったのかを考えることができます。技術書だけでは補えない部分を読ませてくれる一冊です。
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

雪山での雪崩・遭難事故のまとめ

バックカントリーブームで冬の入山者も増え、雪崩や遭難などの山岳事故、死者も増えています。
バックカントリーに入る前に雪山でのリスクを知り、参考にする為にネットでの雪崩や遭難に関する報道記事をまとめていきたいと思います。
<< 長野のスキー遭難 9人全員無事下山 7人救助、2人は自力で | main | スノーボードの女性遺体発見 札幌国際スキー場 >>
中央アルプスで遭難した男性のものと見られるテントなど発見
0
    中央アルプスの宝剣岳で、埼玉県の男性が遭難し、警察がヘリコプターで捜索したところ、男性のものと見られるテントと寝袋が見つかりましたが、警察の呼びかけに、応答がないということです。

    行方が分からなくなっているのは、埼玉県川口市の会社員、降矢さんで、今月5日からきのうまでの予定で、写真を撮影するため1人で、中央アルプスの宝剣岳に入りましたが、連絡が取れなくなっています。

    県警では、きょう午後、ヘリコプターを使って捜索した結果、宝剣岳の山頂近くで、降矢さんのものと見られる青のテントと寝袋を発見しました。

    寝袋の中には、人がいるものと見られますが、ヘリコプターからの呼びかけに反応がないということです。

    警察では、家族と相談して、捜索の今後の方針を決めることにしています。

    {追加記事
     駒ケ根署や県警山岳遭難救助隊などは9日朝、中央アルプス・宝剣岳(2931メートル)で行方不明になっている埼玉県川口市会社員、降矢さん(50)の捜索をヘリコプターを使って開始し、山頂直下の稜線(りょうせん)で降矢さんのものとみられる青色のテントと寝袋を発見した。しかし、強風のため隊員が降下しての確認はできず、午後3時に同日の捜索を打ち切った。隊員がヘリから声をかけたが応答はなかったという。10日は稜線に降りて付近を捜索する予定。
     同署によると、降矢さんは写真撮影のため5日に1人で入山。極楽平を経由して宝剣岳と駒ケ岳を縦走し、8日午前に下山予定だった。見つかったテントと寝袋は山頂直下の「三ノ沢岳分岐点」(約2900メートル)付近にあり、テントはつぶれたような状態だった。寝袋にはふくらみがあり、人が入っている可能性があるという。
     捜索に参加した中央アルプス地区山岳遭難防止対策協議会の唐木真澄さん(62)は「テントから30メートルぐらいまで近づいたが、動きは全くみられなかった。稜線は風が強く、近づけなかった」と話した。


     宝剣岳周辺は5日夜から荒れ模様の天候で、「駒ケ岳ロープウェイ」も止まっている。山頂近くの山小屋「宝剣山荘」の支配人、吉川覚さん(59)によると、4日には山荘に宿泊者が2人いたが、5日はいなかった。7日に宿泊予定だった登山者3人が悪天候で登山しないと連絡してきたため、吉川さんは6日昼前に山荘出発、約2600メートルのホテル千畳敷まで下りたという。
     駒ケ岳ロープウェイの終点にあるホテル千畳敷によると、5日昼ごろ、降矢さんとみられる男性をホテルの男性従業員が見かけた。「写真を撮りに来た。8日に下山する予定」と話し、テントを持って山に向かったという。当時、天候は崩れていなかったが、男性従業員は「無理しないで」と声を掛けたという。
    | 中央アルプス | 08:58 | comments(5) | trackbacks(1) | - | - |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2007/01/16 1:38 PM |

    埼玉県川口市会社員、降矢さん(50)のブログ。
    装備内容が撮影されています。
    分析お願いします。
    | ハウエル | 2007/01/16 9:26 PM |

    ハウエル様
    申し訳ありませんが、このサイトは記事のスクラップを目的としておりますので、分析の類はしないようにしております。
    (たまに個人の見解を書くことはありますが、分析ではなくあくまでも個人の意見などです。)
    現場に居合わせたわけでもなく、記事や写真などでの断片では分析といえるほどのことを出来るほどの経験も能力も私には残念ですがありません。

    当事者の中に生存者がいれば、その証言などから内容を把握できるかもしれませんが、死者しか残らなかったケースでは、現場の把握は難しいと思います。
    例えば、一見無謀とも言えるチャレンジでも、実は完璧な計画と訓練・装備でクリアできるはずだったのが、突発した何かしらの不運でアクシデントに見舞われたのかもしれません。

    せっかくの情報申し訳ありませんが、該当のリンクだけ非表示とさせていただきました。

    よろしくお願いいたします。
    | 銀 | 2007/01/16 10:24 PM |

    1月5日、宝剣岳で下山するとき、該当の方をみかけた人の話。
    あの時の天候と、天気図が読めれば、当然断念すべきであった、といっていた。(或る小屋にて、雑談中)
    | A (別のひと、名古屋から) | 2007/03/21 8:04 PM |

    A様
    書き込みありがとうございます。
    このBlogなんですが、あくまでも記事のスクラップが目的です。

    こういう気象または事態ではどうするべき、どんな装備を持つべき、どういう行動をすべき、どういう判断をすべき、と言った事柄は、あくまでも一般論としてまとめていきたいと思っています。
    そういった一般論をまとめる為のサイトとして立ち上げたのが、山スキー.comで、このBlogはそのおまけとしてのスクラップ用です。

    個々の遭難や事故を教訓に、一般論としてまとめていくことができればいいと思っていますので、個々のケースにたいしての批評、コメントは特にしない方針です。
    (と、言いながらも個人で余暇を利用して書いている為、書きたいことの半分もかけずに、全くまとめられてはりませんが・・・。)

    ご理解のほど、御願いいたします。
    | 銀 | 2007/03/22 7:12 PM |










    http://blog.yama-ski.com/trackback/469297
    中央アルプス宝剣岳で行方不明の男性、発見される
    1月5日に中央アルプス宝剣岳へ入山し、その後行方不明となっていた男性が、遺体となって発見されたようです。 参考記事 SBC信越放送 雪山での雪崩・遭難事故のまとめ 宝剣岳の写真撮影で不明 埼玉の男性の捜索始まる 中央アルプスで遭難した男性のものと見られるテ
    | 豊後ピートのブログ | 2007/01/31 2:22 AM |