RECOMMEND
雪崩リスクマネジメント―プロフェッショナルが伝える雪崩地形での実践的行動判断
雪崩リスクマネジメント―プロフェッショナルが伝える雪崩地形での実践的行動判断 (JUGEMレビュー »)
ブルース トレンパー, Bruce Tremper, 日本雪崩ネットワーク
 雪崩のリスクと向き合うスキーヤーにとって必要な情報の殆どを読むことができます。雪崩の基礎や仕組み、地形や気象、積雪状況などが与える影響。安定性や危険度の評価、雪崩地形でのルートどりやレスキューなど多岐に渡ります。
RECOMMEND
バックカントリー・ハンドブック (Vol.1)
バックカントリー・ハンドブック (Vol.1) (JUGEMレビュー »)

 日帰りバックカントリーを想定した用具選びから入山して無事帰ってくるまでの流れを分かりやすく解説しています。写真点数が多く、カラーページもあるので分かりやすい。
RECOMMEND
雪山に入る101のコツ―バックカントリー入門
雪山に入る101のコツ―バックカントリー入門 (JUGEMレビュー »)
中山 建生
 道具の選び方や使い方など、かなり基本的なことから入っている為に、それぞれの情報は浅いですが、雪山に入るための基礎的な注意事項は網羅されています。初心者が雪山をイメージするのに向いています。ここから疑問に思ったことやもっと掘り下げたいことを他の専門的な書籍で読むのがいいでしょう。
RECOMMEND
RECOMMEND
生と死の分岐点―山の遭難に学ぶ安全と危険
生と死の分岐点―山の遭難に学ぶ安全と危険 (JUGEMレビュー »)
ピット シューベルト, Pit Schubert, 黒沢 孝夫
RECOMMEND
リーダーは何をしていたか
リーダーは何をしていたか (JUGEMレビュー »)
本多 勝一
実際に起きた遭難事故を深く調査した著者の記録です。技術的なことは載っていませんが、山に入るということがどんなことかを、遭難者・生存者・残された家族の立場から考えることができます。
RECOMMEND
RECOMMEND
ドキュメント雪崩遭難
ドキュメント雪崩遭難 (JUGEMレビュー »)
阿部 幹雄
実際の雪崩事故を解析し、なぜ遭遇してしまったのか、なぜ助かったのか、なぜ犠牲になってしまったのかを考えることができます。技術書だけでは補えない部分を読ませてくれる一冊です。
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

雪山での雪崩・遭難事故のまとめ

バックカントリーブームで冬の入山者も増え、雪崩や遭難などの山岳事故、死者も増えています。
バックカントリーに入る前に雪山でのリスクを知り、参考にする為にネットでの雪崩や遭難に関する報道記事をまとめていきたいと思います。
<< 青森・八甲田山系で雪崩、スキー客ら7人が行方不明 | main | 八甲田、不明の男性1人を無事発見 死者2人、負傷7人に >>
青森・八甲田で雪崩、スキー客ら2人死亡・1人不明
0
     14日午前11時20分ごろ、青森市の八甲田山系の前岳付近で雪崩があり、「スキー客が巻き込まれた」と青森県警に通報があった。山スキーのツアー客の一部が巻き込まれたといい、県警によると、2人が死亡し、1人が行方不明になっているほか、けが人が10人出ているという。八甲田ロープウェーによると、この日は風が強く地吹雪の状態。ロープウェーを使ったスキー客が100人前後いたという。

     前岳は八甲田ロープウェー山頂公園駅から北へ約1キロ。雪崩があったのは、標高約900メートル地点とみられ、県警によると、スキー客は前岳から北側へ滑っていたらしい。青森地方気象台によると全県で雪崩注意報が出ていた。

     このツアーは、山頂公園駅から南へ2.5キロ先にある酸ケ湯温泉の宿泊客。同温泉によると、午前11時半ごろ、ツアーに同行しているガイドから携帯電話で、「ツアー中に雪崩に巻き込まれた。警察に救助をお願いする」と連絡があった。客が18人とガイドら6人という。

     青森市役所危機管理室によると、雪崩に巻き込まれたのは総勢24人。内訳はツアー客が18人、ガイドが5人、酸ケ湯温泉の職員が1人だという。このうちガイドの1人から消防に連絡があった。

     八甲田山系のガイドの貝森誠通さんによると、一行は酸ケ湯温泉ガイドクラブのスキー客らで、前岳の北東斜面を滑る予定だったが、このうちの何人かが雪崩に巻き込まれたという。

     14日午前11時半ごろ、ガイドの保坂さんが携帯電話で「前岳で雪崩に巻き込まれた」と連絡してきたという。その後、連絡が途絶えているという。

     前岳の北東斜面は、12日に雪崩があったばかりだった。一行は、この日午前9時ごろに、八甲田ロープウェーで山頂に上がり、銅像ルートを下りる予定だったという。

     同ロープウェーは午前8時45分から営業を開始したが、同10時前、強風のために営業を中断している。

    | 八甲田山 | 15:51 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |
    客18人の中に妹夫婦が含まれているみたいです(^^ゞ

    酸ヶ湯に連絡は取っていますが、まったく情報がなくて心配しています。

    情報があったら知らせてください。
    よろしくおねがい(●^o^●)します
    | だんぱ | 2007/02/14 4:51 PM |

    酸ヶ湯のスキー客の方八甲田ガイドの方ご無事を祈るばかりです。本当に心配。早く見つけてあげて。
    | あさり | 2007/02/14 5:22 PM |

    一人行方不明の方が無事保護されたようです。
    2名の方が亡くなったそうですが、ご冥福をお祈りしたいと思います。
    情報では、残りの方たちは怪我人、無事な人も含めて下山済みだとのことです。
    だんぱ様の妹夫婦のお二人のご無事が確認されると良いのですが。
    | 銀 | 2007/02/14 6:43 PM |

    妹は無事でしたが、義弟が亡くなってしまいました。

    昨日コメントした段階ではあまり危機感がなかったのですが...ショックです。

    現地の詳細が分からず、東京の私は何をしたらいいかさえも分からない
    状態なのですが、取り急ぎご報告まで
    | だんぱ | 2007/02/15 1:31 PM |

    だんぱ様
    こんな時はなんと声をかけたら良いのか、言葉が見つかりませんが、お悔やみ申し上げます。
    | 銀 | 2007/02/16 5:16 AM |










    http://blog.yama-ski.com/trackback/496723