RECOMMEND
雪崩リスクマネジメント―プロフェッショナルが伝える雪崩地形での実践的行動判断
雪崩リスクマネジメント―プロフェッショナルが伝える雪崩地形での実践的行動判断 (JUGEMレビュー »)
ブルース トレンパー, Bruce Tremper, 日本雪崩ネットワーク
 雪崩のリスクと向き合うスキーヤーにとって必要な情報の殆どを読むことができます。雪崩の基礎や仕組み、地形や気象、積雪状況などが与える影響。安定性や危険度の評価、雪崩地形でのルートどりやレスキューなど多岐に渡ります。
RECOMMEND
バックカントリー・ハンドブック (Vol.1)
バックカントリー・ハンドブック (Vol.1) (JUGEMレビュー »)

 日帰りバックカントリーを想定した用具選びから入山して無事帰ってくるまでの流れを分かりやすく解説しています。写真点数が多く、カラーページもあるので分かりやすい。
RECOMMEND
雪山に入る101のコツ―バックカントリー入門
雪山に入る101のコツ―バックカントリー入門 (JUGEMレビュー »)
中山 建生
 道具の選び方や使い方など、かなり基本的なことから入っている為に、それぞれの情報は浅いですが、雪山に入るための基礎的な注意事項は網羅されています。初心者が雪山をイメージするのに向いています。ここから疑問に思ったことやもっと掘り下げたいことを他の専門的な書籍で読むのがいいでしょう。
RECOMMEND
RECOMMEND
生と死の分岐点―山の遭難に学ぶ安全と危険
生と死の分岐点―山の遭難に学ぶ安全と危険 (JUGEMレビュー »)
ピット シューベルト, Pit Schubert, 黒沢 孝夫
RECOMMEND
リーダーは何をしていたか
リーダーは何をしていたか (JUGEMレビュー »)
本多 勝一
実際に起きた遭難事故を深く調査した著者の記録です。技術的なことは載っていませんが、山に入るということがどんなことかを、遭難者・生存者・残された家族の立場から考えることができます。
RECOMMEND
RECOMMEND
ドキュメント雪崩遭難
ドキュメント雪崩遭難 (JUGEMレビュー »)
阿部 幹雄
実際の雪崩事故を解析し、なぜ遭遇してしまったのか、なぜ助かったのか、なぜ犠牲になってしまったのかを考えることができます。技術書だけでは補えない部分を読ませてくれる一冊です。
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

雪山での雪崩・遭難事故のまとめ

バックカントリーブームで冬の入山者も増え、雪崩や遭難などの山岳事故、死者も増えています。
バックカントリーに入る前に雪山でのリスクを知り、参考にする為にネットでの雪崩や遭難に関する報道記事をまとめていきたいと思います。
<< 青森・八甲田で雪崩、スキー客ら2人死亡・1人不明 | main | 強風、地吹雪状態 豪の8人から連絡なし 八甲田雪崩 >>
八甲田、不明の男性1人を無事発見 死者2人、負傷7人に
0
    スキー客2人が死亡した青森市の八甲田山系の雪崩で、青森県警などの捜索隊は14日午後、行方不明となっていたスキー客の男性1人を発見、病院に搬送した。意識があり、命に別条はないもよう。

     県警は同日午後、雪崩に遭遇したスキーのツアー客ら24人のうち、被害は死者2人、負傷者7人と発表した。いずれもスキー客で、同行したガイド5人や、宿泊先の酸ケ湯温泉(青森市)の職員1人にけがはなかった。

     死亡した2人は県外の男性とみられ、県警が身元の確認を急いでいる。無事だったスキー客らは、自力で下山した。

     24人は19人と5人のグループに分かれて山スキーをしており、19人のグループが雪崩に遭ったという。

     青森県などによると、雪崩は同日午前11時すぎに八甲田山系の前岳北側の標高約900メートル付近の斜面で発生した。

     現場付近は激しい吹雪でヘリが飛べず、山頂に向かうロープウエーも強風で停止している。

    ***************追加情報****************
     14日午前11時ごろ、青森市郊外の八甲田山系にある前嶽(1252メートル)の北側斜面で、幅25メートル、全長200〜300メートルの規模で雪崩が発生、スキー客ら24人が雪崩に巻き込まれ、東京都世田谷区、小菅さん(44)と同北区、近藤さん(39)が死亡、7人が負傷した。

     同県警によると、雪崩に遭遇したのは、スキー客18人とスキー客らが宿泊していた旅館「酸ヶ湯温泉」(同市)に所属するガイド5人、一般従業員1人の計24人。現場付近に居合わせたオーストラリアの民間山岳救助団体のオーストラリア人隊員7人らが雪崩発生直後、救出にあたった。

     スキー客らは首都圏や関西から訪れて同旅館に泊まり合わせ、旅館が企画した山スキーツアーに参加。同日午前9時ごろ、バスで旅館を出発してロープウエーで山頂まで行き、山スキー用の「銅像コース」に出た後、雪崩に遭遇した。同11時23分、ガイドの無線交信を傍受した男性から110番通報があり、捜索隊が2人の死亡を確認した。負傷者は同日夕までに全員救助され、残り15人は自力で下山した。

     八甲田ロープウエーによると、一行が山頂に登った後に吹雪が強まり、午前10時ごろ、ロープウエーを運休した。雪崩が起きた同11時ごろの現場付近は風速33メートルの猛吹雪に見舞われ、視界20メートルの悪天候だった。同11時10分には、青森地方気象台が県内全域に雪崩注意報を発令。気温は、山のふもとの酸ヶ湯温泉で同11時にマイナス2・7度となり、前日同時刻に比べて4度以上高かった。

     地元のスキーインストラクター平井義隆さん(27)によると、今月10日、現地東側の斜面で幅約25メートル、全長200〜300メートルの表層雪崩が発生。平井さんは「2、3日、暖かい日が続き、非常に危険な状態と思っていた」と話した。
    | 八甲田山 | 18:37 | comments(0) | trackbacks(2) | - | - |









    http://blog.yama-ski.com/trackback/496834
    八甲田山系で雪崩、2人死亡
    八甲田山系の前岳 (標高約1250メートル)で山スキー中の一行の一部が、14日午前11時20分ごろ、 北側斜面で発生した雪崩に巻き込まれ、男性2人が死亡、8人が骨折などの怪我を負った
    | テニスそしてスキー | 2007/02/15 7:25 AM |
    青森・八甲田山で雪崩による死亡事故
    青森県の八甲田山で24人のパーティが雪崩に巻き込まれ、2人が死亡した事故が大きく報道されています。 毎日新聞記事 ブログ・雪山での雪崩・遭難事故のまとめ 八甲田、不明の男性1人を無事発見 死者2人、負傷7人に 今回の事故現場は樹林帯であり、雪崩の危険が
    | 豊後ピートのブログ | 2007/02/15 11:42 PM |